いよいよ今週末、第37回目となるインターナショナルオホーツクサイクリング2018が開催されますが、台風7号の動向が心配です。5日(木)午前3時には温帯低気圧に変わる見込みですが、勢力も一緒に衰えてくれれば良いのですが…?
 台風といえば、平成12年第19回大会に台風3号の影響で、最終日の網走市で走行打ち切りになったことがあります。また、平成10年第17回大会は、2日間通して雨天とサイクリスト泣かせの大会となりました。
 今回は、6日(金)は曇一時雨、翌日は曇、最終日は曇時々晴の予報です。距離が長い分、場所によって気候が変わりますので、雨具はもちろん、温かい着替え等の持参も忘れずに…!